経済・政治・国際

2016年3月28日 (月)

本”輝く夜”百田尚樹

023 2007年11月刊行 太田出版 文庫版204頁

クリスマスイブに起こる様々事を短編5話に描いている ありそうな事 悲しい事が多し別れの出来事で涙は出ない 年齢と共に経験が多く想像ができてしまうので感動が少なくなってきているので嫌になっている。

2010年5月27日 (木)

普天間基地問題での対応

今話題の沖縄普天間基地移設問題の移転先について、鳩山総理大臣は国外最低でも県外と話して政権交代までした。 そして政権を取得しても腹案があると先延ばしし5月末決着と自ら期限を切り追いつめたが、結果は前政権と何も変わらない。この件で良かった事は、基地の存在意義を感じたこと。自分は横須賀市で育ち米軍基地はあった 原子力空母等紙上を賑わした時もあった。今の戦争はボタン戦争で近くにいれば抑止効果になるとは思えない。衛星で監視をしても北朝鮮からミサイルを撃たれたら撃ち落とす技術もなく見ているだけだそうだ。そのような、状況で基地がいるのか、思いやり予算として7か8千億円を税金から供出している。敗戦後65年も経過しているのに、いまだ植民地になって独立していないのかと思うのは自分だけでしょうか?。 民主党が政権交代して皆が期待した 世の中が変わるが、ことごとく壊される。 高速道路の無償化や子供手当の増額等期待はしていないのに 何故か 民主党は背負っているものを何とかしようともがいて泥沼に入っている。自民党がやっても何ら変わらないと思うし素晴らしい指導者はいない 鳩山総理も親の七光と思いもう少し謙虚になるべきだ 視点をかえるべきだろう 孫子や韓非子や歴史上の戦略家の本を再度読むべきだ 国策がないし見えないのだ国家戦略室は全く見えない。国民に解りやすい政治方針を出して欲しい 今行っている事業仕訳など国家予算のほんの少しだ 天下りは全て悪いとは言わないが、普通のサラリーマンは60歳定年を迎えると再雇用等は年収は半額(500万以下)になるだろう 自分は400万(年金含む)も頂ける仕事をしている 人間の欲は終りがない 天下りで3億円も貰っている人がいると聞くが墓場に金を持っていくのかと思う 年をとったらそれほど金は必要無くなる(欲は限りがない) 働けて人と繋がりが持てる事で十分なのだと感じている 贅沢をすればきりがないのだから。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ