映画・テレビ

2015年4月25日 (土)

DVD"太平洋戦争への道 前篇”

Photo


昭和16年12月8日に始まった太平洋戦争を史実に基づき作成された映画で昭和17年の南太平洋ガダルカナル海戦までの記録を綴ってある、 歴史の再認識と地理がハッキリした本当に勉強になる映画でした 後編の東南アジアから沖縄そして本土爆撃の後編を観たいと思う 歴史を知らなければ進歩も無いか? 日本軍の資材不足と情報不足はあきれる程で 根性論では勝てない・・・

2014年2月21日 (金)

映画”Rush”

Rush01

1976年のF1での ニキ・ラウダとジェームズ・ハントとの戦いを描いている 二人の生き方がまるで違う ニキはメカにも強い堅実派 ジェームズは自由奔放な天才派と実力は伯仲しているが、雨の日のレースを行うか中止かで意見が分かれ 決行してニキが事故を起こすが最終レース 富士スピードウエイの最終戦でまた雨になり ニキは完走すれば年間チャンピョンになるが 危険と思いリタイア ジェームズが年間チャンピョンになる このレースはテレビでよく覚えていた 何故 リタイアしたのがやっと解った 本当に感動する映画でした。

2013年12月21日 (土)

映画”ゼロ・グラビティ”

Photoサンドラ・ブロック主演

ゼロ・グラビティとは無重力の事で この映画は、アメリカのスペースシャトルで船外活動をしているとき 衛星の残骸が飛んで来てシャトルを破壊し人も殺し主人公は宇宙空間へ投げ出されるが、近く?のソ連の使い古した宇宙ステーションに避難するがそこからは帰れないので また近くに中国の古い無人宇宙ステーションがありそれを使って地球へ帰還するのだが、あれほど宇宙ゴミが多いのか本当に怖い世界と思う何故今までそのような事故が無いのか 映画なので誇張しているのか? 撮影は無重力感を十分だしていた。

2013年11月23日 (土)

映画”悪の法則”

Photo2

キャメロンディアス主演?のアクション映画? 多数の有名俳優が出ているので主演がだれかは解らない見終わった感想からキャメロンディアスかな 麻薬密輸に絡む悪事を行い 悪から制裁されるが誰とだれが組んでやっているのか解らない メキシコ語が翻訳されず言葉が意味不明(上映開始前に翻訳しないとテロップで説明)なのでなおわらかな・・・ DVDがでたら吹き替え版で見てみよう

2013年8月30日 (金)

DVD”ニクソン”オリバー・ストーン

Photo_22000年 上映時間195分

オリバーストーン作品 JFKに続きレンタルして見た 有名なウオーター事件で失脚する内容を描いている 大統領の犯罪 実際は恩赦で逮捕などされていない 恩赦を受けたことで事実と認めているのだろう 権力者は何でもできるのか? 一般大衆には真実は公開されない アメリカでは75年後に情報の公開を請求できるようだが、その時は当事者はこの世にいないので真実かも不明では・・・・・

DVD "JFK"

Jfk1991年 206分

先日オリバーストーンがNHKの番組に出演され 著書”もうひとつのアメリカ史”に関する話で広島原爆が必要だったか等 不透明なアメリカ史について語っていた 彼の作品は ベトナム戦争を題材にした”プラトーン”と 株取引の”ウオール街”は見たが その他の多くの社会派映画を見ていなかったので ”JFK”を借りた ケネディ暗殺は今も世界の人は何故とか不思議とかオカシイとかスッキリしない この映画を見て真実かなとスッキリすることができた 特にラスト30分 法廷での説明は圧巻だった。

2013年8月17日 (土)

DVD”ヴィヨンの妻”

Photo2009年10月 出演:松たか子、浅野忠信

原作は短編小説でこれ程の内容ではないが、太宰治の人間模様を足してこの映画になっている 太宰作品は本人の生き様を本にしているようだ(津軽、人間失格、斜陽等) 太宰本人が好きになる 世の中に反した生活 死を恐れない 非人間的生活 良いのでは もっと本を読んで太宰を知りたいし映画も見る

2013年8月 6日 (火)

映画”風立ちぬ”

Photo 風立ちぬ

宮崎駿のジブリ作品を初めてみました、ゼロ戦のできる戦争を主にした映画と思い込んでいたので 少しガッカリかな でも 恋愛映画 ファンタジーとしては素晴らしかった 小説の”永遠のゼロ”に期待したい

2013年8月 3日 (土)

映画”終戦のエンペラー”

Photo

太平洋戦争終結時に連合軍のマッカーサー元帥が日本の天皇に対して戦争責任を負わせるかを調査させる10日間の出来事を描いている 調査する部下の准将が戦争前に日本人女性とのつき合い等で日本通だったが、一旦は書面による証拠等が無い理由で天皇に戦争責任有と報告しようとするが その女性の叔父と話をして日本人観を理解し 最終的には天皇の戦争責任は問わないとする結果になる。

2013年6月15日 (土)

映画”エンド・オブ・ホワイトハウス”

Photo 上映時間120分

夜の飲み会前に錦糸町楽天地の映画館で話題の映画”エンド・オブ・ホワイトハウス”を観ました 北朝鮮のテロリストがホワイトハウスを乗っ取り アメリカの核を爆発させ地球破滅を狙うが、ダイハードのように元シークレットサービス一人が潜入して人々助け核の爆発を未然に防ぐ内容 最初からハラハラドキドキのアクション映画でスキットした 先週見た中国映画”グランドマスター”のガッカリを比べたら遥かに面白い映画でした。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ