« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土)

本”おせん”池波正太郎

55 昭和60年9月発行 新潮社 文庫版440頁

13編の女性を主役にした人情・愛情物語 女の性が多く描かれる面白く読みやすい本

2018年10月21日 (日)

本”下町ロケット ヤタガラス”池井戸潤

54 2018年10月発行 小学館 371頁

ゴースト編を読み続きのこの作品を一気に読んでしまう 主人公の佃社長は本当に素晴らしい正義感と清潔人生を生きている 今回も農業の為にだまされ裏切られても救いの手を差し伸べる できないよ・・・

2018年10月20日 (土)

本”下町ロケット ゴースト”池井戸潤

53 2018年7月発行 小学館 298頁

先日 テレビでドラマ化され放映が始まり第一話を観て面白そうなので早速本を購入して読み終わる 次も同時発売されていたので購入して 読み始める。 ゴーストは特許問題に苦しむ関係企業の話で気分がスカッとする内容で 次が面白いかな?

本”谷中・首ふり坂”池波正太郎

52 昭和40年代 短編集 新潮文庫版386頁

江戸時代の人情話短編11作を納めた作品で最後の内藤新宿は今の内藤町や新宿の名前の由来が解った 内藤町は徳川家臣の内藤清成が住んでいた場所 青山も同じ徳川家臣が住んでいた 新宿は新しい宿場の意味

2018年10月14日 (日)

本”娼婦の眼”池波正太郎

51 1965年9月発行 青樹社 文庫版426頁

ポン引き 手配師の眼から見た娼婦の出来事を短編で描いている 少しは人情小説になるのか 面白い内容でした

2018年10月12日 (金)

静岡観光

Photo久能山東照宮

 日光東照宮を観た人は、ガッカリ観があるのかな? しかし欧州の人が多かったのはビックリ

Photo_2美保の松原

 生憎の空模様で富士山は望めなかったので 素晴らしさが半減かな・・

Photo_3富士山本宮浅間大社

境内は静かでよかったが、予想外の規模だったので少しガッカリかな
Photo_4富士山世界遺産センター

今年開館した 建物が面白いと思ったので訪れてみたが予想通りの素晴らしさだった

本”梅咲きぬ”山本一力

50 2004年12月刊行 潮出版社 文春文庫382頁

江戸の料亭の母娘の話で廻りで起きる出来事を上手に片づけて行く 幼い娘の意見など

 その母が亡くなり娘が後継した

2018年10月 7日 (日)

本”ゴルフが消える日”赤坂厚

49 2017年4月発行 中央公論新社 213頁

図書館の棚で気になったので借りてきて一気読みする 今後のゴルフ人口は右肩下がりが続く 若い人のゴルフ離れが原因と自分達と同じ団塊世代の引退での減少になる 確かにゴルフに行くと団塊世代が多い 接待ゴルフ場ではも少し若い世代かも JGAも考え手をつくしているようだが人口が減る中での プレイヤー増加は無理!!!

本”ビブリア古書堂の事件手帖(扉子と不思議な客人たち”三上延

48 2018年9月 KADOKAWA 265頁

久しぶりに出版されたビブリアシリーズ 主人公の栞子と五浦が結婚して一人娘 扉子までできていた その子供も絡む 4冊の本にからむ話

2018年10月 6日 (土)

本”花だより”高田郁

47 2018年9月 ハルキ文庫 297頁

主人公の澪が結婚して大阪に戻り”みおつくし”を開店した 今回は澪が主役でなく 脇役?の つる屋店主の種市ほかの客や幼馴染の元花魁野江等の話題を描いている。

2018年10月 1日 (月)

本”ぼったくり10”秋川滝美

4610 2018年10月発行 アルファポリス社 290頁

久しぶりに発行されていたので早速購入 ぼったくりシリーズも10巻目になっていた 主人公の美音の結婚が決まり新婚の住まいが決まらずにいたが 店を2階建て増築し二人の住まいになる事がきまる 工事も始まるが 建築やとしてどのような方法で平屋を2階建てにするのか 確認申請は?等 気になる事が多いが 結婚で店じまいをしないので今後も楽しみだ 次巻は結婚後で増築は完了している新生活からか?

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »