« 本”翔ぶが如く2”司馬遼太郎 | トップページ | 本”翔ぶが如く3”司馬遼太郎 »

2018年1月31日 (水)

本”儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇”ケント・ギルバート

07 2017年2月発行 講談社 新書版206頁

書店で見かけたこの本の題名が気になったのと作家の名前も気になり購入し読んでみた、米国人の作家は以前テレビ番組で多く出演していたのを覚えているが このような内容の本を書くとは思っていなかった 中身はおおむね納得と同感することだったので今の中国、韓国の考えは世界から見てもおかしいのかな 中華思想が間違いなのか でも儒教への思いは変わらないが 儒教を曲げて考える両国がおかしい 論語の孔子は素晴らしと今も考える。

« 本”翔ぶが如く2”司馬遼太郎 | トップページ | 本”翔ぶが如く3”司馬遼太郎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本”翔ぶが如く2”司馬遼太郎 | トップページ | 本”翔ぶが如く3”司馬遼太郎 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ