« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

本”風のかたみ”葉室麟

050 2017年3月発行 朝日新聞出版 241頁

藩の女医師の伊都子は藩重鎮で上意で切腹を命じられ抗った一族の女性達が住む家に看病とスパイで入るがそこで起こる 世継ぎ問題等が発生するが・・・・・

2017年8月23日 (水)

本”最後の晩ごはん4 刑事さんとハンバーグ”椹野道流

0494 平成27年8月発行 角川文庫 236頁

4作目は主人公海里の兄の高校生時代の親友が偶然数十年振りに出会う 今は刑事になっているが刑事になる前の出来事を幽霊を見ることができる海里が謎を解決する話

2017年8月19日 (土)

本”木漏れ日に泳ぐ魚”恩田陸

048 2007年7月発行 中央公論社 文庫版 298頁

男と女の双子が生まれる少し前に父親は行方不明そして女の子は養女に出されお互いは双子知らないでいるが、偶然大学のサークルで同じになり素性をしってしまう そして二人でS山地に行きそこで依頼したガイドが父親とまた偶然が重なり そのガイドが父親と解る前に転落死してしまう その事故を振り返って 深夜話あっていると意外な事実が判明する

本”最後の晩ごはん3 お兄さんとホットケーキ”椹野道流

047 平成27年4月初版 角川文庫 242頁

晩ごはんシリーズ3作目は 幼い頃から喧嘩別れしている 主人公”海里”のお兄さんとの仲を取り持つ 義姉になるかも知れない女性が絡む話で いつもの店主夏神と夜しか姿が見えないメガネのロイドと活躍?する話

2017年8月12日 (土)

本”最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華”椹野道流

046 平成27年1月発行 角川文庫 220頁

”最後の晩ごはん”シリーズの2作目 訳あり店主と芸能界を追放された若者が店主に拾われ料理人見習いをしながら手伝い店に来る人との出会いが描かれている 今回は手伝いの若者に拾われたメガネが夜は人間になり下僕として手伝い 死人の霊が見えてしまう 店主そして若者 常連客の小説家に亡くなった妹がいて霊として現れるそれからの話

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ