« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月26日 (水)

本”サロメ”原田マハ

031 2017年1月発行 文藝春秋社 322頁

本の題名”サロメ”は新約聖書に記載されている ヘドロ王が義理の娘の踊りを絶賛し褒美を要望させたら 預言者ヨハネの首が欲しいと言った 娘それが”サロメ”でその 戯曲を書いた作家とその挿絵を描いた画家とその姉の本に纏わる出来事を描いた本 新約聖書のサロメを多少知っていたほうが読みやすい。

2017年4月21日 (金)

本”あおなり道場始末”葉室麟

030 2016年11月発行 双葉社 257頁

ある藩に6つの道場がありそのひとつが”あおなり道場”道場主が殺され 3人の子供達が運営するが 弟子が集まらず 道場破りに出かけるその中で 道場主の死亡原因や 子供たちの出生の秘密が 葉室作品としてはバラエティ化かな?

2017年4月19日 (水)

本”蜜蜂と遠雷”恩田陸

029 2016年9月発行 幻冬舎 507頁

青木賞の時は興味が沸かなかったが本屋大賞を獲得したので早速キンドル版で読んだ 若手のピアノコンクルールに参加する主要人物を描いた作品で 主人公は養蜂家の息子でピアノも持たない天才ピアニスト 対抗馬は一度ピアノを諦めた女子大生と日系の外国人と妻と子供を持つピアニストが主な人物で 一次、二次、三次そして本選に進む様子 恩田作品は初めてだったが 読みやすかった 二度目の本屋大賞なので一回目の作品を読んでみるかな???

2017年4月11日 (火)

本”名画の謎 旧約・新約聖書編”中野京子

028  2012年12月発刊 文藝春秋社 文庫版280頁

旧約・新約聖書にかかわる絵画を題材に歴史と神話についても勉強になる また宗教画を見る時の考え方も少しは変わるかな またキリスト教の勉強にもなる本でした。

2017年4月 7日 (金)

本”ねじれた絆”奥野修司

027 1995年5月刊行 新潮社 文庫版426頁

自分と同世代の出来事 沖縄で起きた出産時に病院で取り違えた子供出来事 ノンフィクションで描いている 事実が判明するのが子供が6歳の時で育ての親か生みの親かまたは育ちの環境でその後の人生が変わってくると感じる内容でした

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ