« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

東京元気ウオーク2013に参加

2013上野公園 スタート付近の様子

読売新聞社で主催した東京ウオーク 参加費は不要だが予約が必要で妻と2人申し込んで了解を得られたので 前日上野で飲んだが早々に切り上げこのウオーキングに参加した
Photo コースは全長12km
平坦な道だが参加者多数の為混雑で2時間程度要した 途中の森鴎外記念館や六義園に入場すると大幅に時間を要する
2013_2 根津神社での参加者の混雑具合
私は9時半に上野公園を出発し戻ったのが11時半になった ゴールでスタート時も頂いたバナナと栄養ドリンクを配布していたので美味しくいただく
その後 おでん鍋を見に浅草の河童橋商店街を散策して帰宅
総歩数 37,403歩

2013年11月28日 (木)

東京モーターショー

Photo第43回東京モーターショー ビックサイト東・西館

入場料¥1500は、関係者より譲り受けたので招待になった?
二年に一回開催されるモーターショーはお台場のビックサイトと千葉幕張のメッセで交互の開催される 前に見たのは幕張だった今回のビックサイトは初めてで狭さにびっくりした車の展示間隔が少ないのか混雑が酷い状態 平日であの状態なら土日等は想像を絶するのか?
660 ホンダ S660 往年の名車S800とS600があったが以前は軽自動車サイズだったのか、価格は不明だが近日中に販売されると思うが遊び車には最高かな・・・
Photo_2 ホンダ NSX 生産中止されていたが新型が販売されるのかな 当然買える車ではないのでウットリするだけだ S660なら・・・
300 レクサスの新型? RC300h 見るだけの車かな
Photo_3 トヨタウン内の鶴瓶人形 リアルだが違う 一瞬ぞっとする
Photo_4 トヨタ アクアのカスタムカー この様なデザインだったら乗りたくなるかな内装は変化ない
Photo_5 ビーナスフォートでのフェラーリ
7004 ランボルギーニ アヴェンタドール プラモデルは難しかった現物を見ても大変と感じる 次のプラモデルは 車ではなくオスプレイかな・・・

2013年11月25日 (月)

本”晩年”太宰治

Photo新潮文庫 昭和11年刊行 短編集 396頁

太宰治27歳の時刊行された15編の短編集 短い作品は7頁 一番長い作品は”道化の華”72頁 この本の中で一番良かった 内容は太宰21歳の時鎌倉の七里ガ浜で最初の自殺未遂を行い療養の病院に入院中の出来事を描いている その他の作品は津軽での話や小説等だが初期の作品らしい文章が読みにくい しかし 27歳の青年が描ける物ではない。

2013年11月23日 (土)

本”お金をかけない「老後の楽しみ方」保坂隆

Photo_22013年7月初版 PHP文庫 236頁

この種のハウツウ本は何冊が読んだがこれも同じ様な内容で全く参考にならなかった 普通の人が普通に行う事だと思う マスコミでは定年後に在宅で夫婦仲が悪くなり定年離婚等書いているが一部の人を取り上げているのだろう 情報操作のようなものか? 節約とか人とのつき合い方や楽しい遊び方等まったく新しい考えがないので参考にならない 残念な本でした。

映画”悪の法則”

Photo2

キャメロンディアス主演?のアクション映画? 多数の有名俳優が出ているので主演がだれかは解らない見終わった感想からキャメロンディアスかな 麻薬密輸に絡む悪事を行い 悪から制裁されるが誰とだれが組んでやっているのか解らない メキシコ語が翻訳されず言葉が意味不明(上映開始前に翻訳しないとテロップで説明)なのでなおわらかな・・・ DVDがでたら吹き替え版で見てみよう

2013年11月18日 (月)

本”東京スカイツリーの秘密”

PhotoPHP文庫 2012年5月発刊 222頁

季節も冬になり東京の空気が透き通ってきたのでスカイツリーに上ろうと思っているときにこの本が目に入り読んだ 第一章は素朴な疑問等 鉄骨の重さは何トン等 第二章はどうやって設計された? 第三章はどうやって建設された 建築に携わっていたのでこの章に興味が沸いた 第四章はスカイツリーをとことん楽しむ 一読後訪れると良いかも 内容は大体わかるし今まで聞いた部分が多かった 建築に携わらない人は面白いかな・・・・?

2013年11月17日 (日)

春日部 首都圏外環放水路

Photo地下内部の様子

Photo_2 地上部の様子(当日はイベント開催中)
普段は予約で見学ができるが 当日はイベントで予約なしで見学した 雨水の流量を調整し氾濫や街中での浸水対策で地下に調整池が出来ている一年に何回位使用するのかは不明だが、すごい容量の地下タンクです。

2013年11月16日 (土)

本”日本史の謎は「地形」で解ける”松村公太郎

Photo2005年発刊 PHP文庫 379頁

著者は東北大学土木科を卒業 建設省でダム・河川事業を担当していた 今年68歳になる
内容は、なぜ比叡山延暦寺を焼き討ちにしたか? なぜ四十七士は泉岳寺に埋葬されたか? 日本文明を生んだ奈良は、なぜ衰退したか? 京都、東京への遷都はなぜ行われたか? 等 興味深い内容を地形を捉えて解明している

2013年11月14日 (木)

ゴルフ 皆川城CC

20131114par72 6,057y

定年退職した仲間のコンペを行った いつもは青ティから行うが今回は白ティで全長が500ヤード違うので非常な楽なラウンドでした パット数が29は久しぶりの数字

2013年11月13日 (水)

ゴルフ 真名子CC

Photoさつきコース 3番ホールティグランドから 右のグリーンは2番

町内会の親睦ゴルフに参加 7組28名の大きな大会で今回で32回になる 参加者の平均年齢は70歳?かな 今回私は1組でスタート パートナーは80歳台と70歳台の男性と60歳台の女性とラウンドした このコースは大部分がブラインドホールでフェアウエイへ200ヤード以上1打を打たないと2打目の方向は全く分からずグリーンも見えないトリッキーなコースでした 熟年のコンペには不向きかな・・・・・スコアは 47-51と最悪の出来でした。
20131112 Mグリーンでレギュラーティ使用

2013年11月11日 (月)

本”下天を謀る”安部龍太郎

Photo発行2009年11月 上;455頁 下;476頁

安部作品は面白いのとこの本の主役”藤堂高虎”を知りたくとブックオフで購入
高虎は 秀吉の弟 秀長に仕え 次に家康に仕え徳川幕府の構築に尽力した人物で 体力は1m90cmの身長で武勇に優れ 人望も厚く 知能に優れていた人物とこの本には紹介されている 素晴らしい武将だが 世間的には有名ではないのかな 上下巻900頁の文庫本なので読むのに時間がかかったが 面白い本であった。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ