« 本”激流 上・下”柴田よしき | トップページ | 東京散歩 国立博物館~深川 »

2013年10月10日 (木)

歓喜院聖天堂(熊谷市妻沼)

埼玉県で最初(平成24年)に国宝に登録された建築物 妻沼にある”聖天山”を見学に行きました。この建物はパンフレットによると 平家物語でも有名な斉藤別当実盛が本尊”聖天”を祀ったの最初で 平成の大修理(13.5億円)を行い平成23年に出来上がった。

建物は寺なのに廟型式権現造りで拝殿・中殿・本殿になって床面積は188㎡の総欅造りの小さい建物だが 日光東照宮と同じように彫刻が施されている。
Photo 拝殿
Photo_2 左から本殿、中殿、拝殿
Photo_3 本殿側からの全景
Photo_4 本殿外壁
Photo_5 彫り物の一部
Photo_6 組物
Photo_7 軒の組物

« 本”激流 上・下”柴田よしき | トップページ | 東京散歩 国立博物館~深川 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜院聖天堂(熊谷市妻沼):

« 本”激流 上・下”柴田よしき | トップページ | 東京散歩 国立博物館~深川 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ