« 本”レッスン”五木寛之 | トップページ | DVD”天使と悪魔” »

2013年3月20日 (水)

北鎌倉散策

以前より鎌倉八幡宮より北の地域を散策したいと考えていて生まれて初めて行くことになった動機は 高田崇史著の「GED鎌倉の闇」でした 一部参考にして訪れて観た内容を記載しました。

北鎌倉駅を降りてまず最初に向かったのは駅から2分の円覚寺へ同寺は鎌倉五山第二位で臨済宗円覚寺派の総本山 創建が1282年と700年以上前の寺 (鎌倉五山とは足利義満によって定められた鎌倉の禅宗寺院ランク)階段を上り伽藍に入場 人出は多くはないが平日としては多いのかな梅も桜も咲いていないがお彼岸なので墓参りの人がいる。

1 写真は山門の木造組み物

次に訪れたのは アジサイ寺で有名な 明月院 創建は1160年 臨済宗建長寺派福源山明月院の名称 この寺は伽藍内の景観が素晴らしい季節毎に花が咲くようだ 男一人で行く場所では無かった

3 鎌倉石の参道(両側のアジサイが咲く時期は・・・)

次に向かったのは東慶寺 「縁切り寺」「駆け込み寺」として有名で元々は男子禁制の尼寺で創建は1285年で鎌倉尼五山第二位だが現存するのはこの寺だけだそうだ 墓地には有名人の墓もある

4 境内に置かれている仏像

次は北鎌倉駅近くの鎌倉女子高校横から行くハイキングコースで源氏山へ 銭洗い弁財天は背の低い人力で掘ったと思われるトンネルを抜けると境内になっていた 非常に狭い境内に観光客が大勢いる ザルに入れたお金を霊水で洗うと何倍になってくるという言い伝えがあるが、昔は砂鉄が取れて水で砂を洗うと砂鉄が残りそれを売るとお金になる それが何を間違えたか お金を洗うと倍になるになったといわれている

5 洞窟の中で霊水で金を洗うひとたち

それから化粧坂(けわいざか)を下る 化粧坂の言われは化粧をした遊女が集う坂らしい何故このような急な坂に集まるのか・・・・

6 化粧坂

そして住宅街を抜け山一つ越えて建長寺へ鎌倉五山第一位だけある広大な伽藍配置になっていた 入場券に「天下禅林」と書いてあった 人材を広く天下に求め育成する禅寺の意味らしい そして三門を抜けると両側に柏槇の大木そして仏殿が建っている直列の伽藍配置になっている 写真撮影の制限は掲示されていないので本尊や天井画の撮影をさせていただく

7 建長寺三門

8 建長寺仏殿の地蔵菩薩座像

そして最後は鎌倉の象徴 鶴岡八幡宮に40数年ぶりに訪れた 何か小さく感じたのは何故か 大イチョウは数年前に突然倒れ今は神域になっていた 県立鎌倉美術館には時間の都合で寄れなかった そして鎌倉駅へ

9_2 手前舞殿 奥が本殿

Img_0809 今回頂いたご朱印 左から鶴岡八幡宮、建長寺、東慶寺、明月院、円覚寺

« 本”レッスン”五木寛之 | トップページ | DVD”天使と悪魔” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北鎌倉散策:

« 本”レッスン”五木寛之 | トップページ | DVD”天使と悪魔” »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ