« 本”狂い咲き正宗”山本兼一 | トップページ | 山種美術館 »

2011年9月18日 (日)

根津美術館”名物刀剣”

Img_0629

Photo_2
写真:根津美術館出入り口に行くまでのアプローチ

Photo_3
写真:根津美術館の庭園内の様子

知人が刀剣の話を楽しくするので食わず嫌いではいけないと思い”刀剣ハンドブック”他を購入し基礎知識を学んでいる 最近読んだ山本兼一の正宗は刀商の話なので解りやすい 以前読んだ同じ山本兼一の”いっしん虎徹”よりよほど学べるほんでした 今回そのつもりで刀を見たが、刃文はわかるが名称はわからないまして 沸(ニエ)や匂い等まったく解らない 今回唯一解ったのが、国宝の刀”金象嵌銘 光忠/光徳(花押)”の波紋が荒々しい互の目乱れで美しかった(個人所有) そして国宝”太刀 銘三条(名物三日月宗近)”は刃文に三日月があるので言われているそうだが、まったく解らない 刀は刃を上に 太刀は刃を下向と教えてもらったが、今回の展示では刀でも刃が上向きに展示してあったが、元は太刀で刀に作りなおしたのか?深いし難しい 本物の刀を手に持って鑑賞をしてみたい。

« 本”狂い咲き正宗”山本兼一 | トップページ | 山種美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館”名物刀剣”:

« 本”狂い咲き正宗”山本兼一 | トップページ | 山種美術館 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ