« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

駒形”どぜう”へ

Img_0034
ひさしぶりに、浅草の駒形どぜうに友人5人と食事に出かけた 多少 早く着いたので駒形橋から工事中のスカイツリーを見たがライトアップされていないので美しくはないか? 完成してからのライトアップすると名所になる地点かなと勝手に思った どじょうは、鍋と柳川を食べたが新鮮味はなかったので感想ありませんでした。


Img_0031
Iphonでの撮影

本 落日の王子”蘇我入鹿”

Photo
この本は友人の推薦で読みました 朝の通勤電車で上の半分を読み土日で上の半分と下を読みました、歴史の本で系図と年表と地図を観ながら読みました 蘇我蝦夷から入鹿に実験が移り舒明天皇崩御からさらに実権を握るため 次の天皇を誰にするかで画策するが、舒明天皇の皇后が皇極天皇として即位する ここで男女の関係になり子供まで作る(この話は他の古代小説には子供は出来ていない)その後 聖徳太子の子供(山背大兄王)一族を惨殺する その後は、自分が殺される”巳の乱”で終わる 歴史の内容は他の本でも読んでいるが、フィクションと思われる部分も大分あるのは無いかと思う 歴史観の考えか 人によって違うので色々の本を読むと面白い。

2010年10月24日 (日)

高田純次

Photo_2
電子書籍を楽しむ為 砕けた本を読みたいと思い値段も¥350と安く電子書籍は”孫正義の志は高く””京極夏彦の死ねばいいのに””もしドラ”に続き4冊?目になる内容は紹介するまでも無く 本当に気楽な感じで1月21日から12月31日迄の彼の気ままな生き方を日記に書いた 還暦過ぎのおじさんの適当日記として書いているが、本人は案外真面目なのかもな 自分の日記も10年近く続いて書いているのでたまに読み返すが、文章の下手さを痛感するだけで過去は出来事として頭で処理している 先も短いので

本”平安鎌倉史紀行”宮脇俊三

Photo
先週ブックオフに寄って物色していたら 目に付いたのがこの本でした ¥400と文庫本では高い本でした 平安鎌倉時代が解らないので勉強のつもりで購入し 通勤の電車で読みました。 著者がその時代の出来事が起きた土地に行き感想等を述べる 時間と金がないと出来ない羨ましい本と思いましたが、知識と体力が無いとただの観光になってしまう 歴史を知り地理を知らなければ 旅行は楽しくない(目的によりますが)と痛感した本でした 私にとっては勉強になる本の一冊でした。関東では歴史を感じる 鎌倉を再度訪れた見たい 63歳以降かな・・・・

2010年10月16日 (土)

本”弾正の鷹” 山本兼一

Photo_3
ブックオフで見つけた山本兼一の本 彼の本は”いっしん虎徹””火天の城””利休にたずねよ”に続く4作目になるが 読みやすい書き方で短時間で読んでしまうので良い作家と思う。この本の内容は 織田信長を暗殺を企てる内容で4人の事を書いている 少し閨(ねや)の営みを細かく書いているので電車で隣で読まれると・・・・・か? 弾正は実在の人物だが 他の人はフィクションと思う当然皆失敗に終わるのだが

全日本模型ホビーショー

Photo_2
10月16日17日と千葉県の幕張メッセで開催されている 第50回全日本模型ホビーショーを見に行って来ました。昨年も見たのですが、興味は木製の帆船ですが今年は展示されていなかったのでガッカリ木製の法隆寺五重の塔は細工が雑で面白くなさそうだった 完全リタイア後に帆船をチャレンジ予定 それと今年はより多く展示されていたのは屋内で飛ばすヘリコプターだったこれも楽しそうだ数年前に購入した物とは数段の機能が上がっているように思える値段も1万円以下なのでストレス解消が集中する時などいいのかな・・・・・

Img_1955


本”読むだけですっきりわかる日本史”

Photo
還暦になり日本の歴史を勉強中です、飛鳥・奈良時代から現在までで興味が湧くのは飛鳥時代を楽しく読書して学んでいますが、意外と近代明治維新前後が勉強不足だった テレビドラマ”竜馬伝”も興味を持ち観ています。この本で日本の歴史の大きな流れを再認識することができたし、もっと深く知りたいと思い今後につなげて行きたいと思います。

2010年10月 9日 (土)

もしドラ

Photo
先日テレビで紹介をしていた本 岩崎夏海著”もしドラ”を読みました。以前から書店の平積みで見ていたのですが、表紙がマンガなので経営のビジネス小説とは思わず手にも取らなかったが、テレビで熟年はアイパッドで見る方がと話していたので早速ダウンロードしました。話の内容は高校野球の女性マネージャーがチームを甲子園に出る事は目標に据えてマネジメントしていく話 その教科書として出てくるのが ドイツの経営学者ピート・f・ドラッカーが20年位書いた”マネジメント”と言う本をチームのマネージメントにして解りやすく例題として解説している本でした。今は管理職でもなくリーダーでないので参考にしかならない10年前にマネジメントを知っていれば 自分の将来が変わったかな???と思う ドラッカーの書いた”マネイジメント”を読んでみたくなりました その時は又感想を載せます。

2010年10月 8日 (金)

泉CC

Photo
昭和54年に開場した千葉県の泉カントリークラブに約30年振りにプレーをしました、ゴルフを始めて間もない時なので全く記憶になかった。スコアは42-45の87で廻れた 今年のプレーは15ラウンドになり平均ストロークは。94.5でパットは34.9になっているので非常に良いスコアでパット数も31だったので良かった 今年はあと数回ラウンドするかな・・・・・

2010年10月 3日 (日)

本”桜田門外の変

Photo
今月上映される ”桜田門外の変”を話題のネタに読んで見た 幕末の事件で有名な井伊直弼大老の暗殺した内容だが、主人公は水戸藩士で下級武士で暗殺の現地指揮を行った 関鉄之介が主人公になっている。上下2冊で上は暗殺するまでの水戸藩と幕府の井伊大老の確執が描かれ 下では暗殺を行いその後の逃亡生活と水戸藩への幕府からの影響等を描いている 暗殺は18名で実施し余りのも偶然が重なって成功したと思わせている 3月3日に雪が降り伴の武士が合羽を着て動きが悪かったとか、雪なので湿気で刀が悪くなるといけないので悪刀を帯刀していて刀が曲がった等もあって少ない人数で成功したようだ。 その後の逃亡生活は、総指揮者も含め予定外で薩摩藩も手助けしない鳥取藩も手伝わない等 事前の段取りを大きく違ったようだ。 通勤の1週間で上下読むには読み応えがあった 映画が封切りになったら見てみようと思う。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ