« 今年12回目のゴルフ | トップページ | 歌手 Superfly »

2010年7月27日 (火)

東京スカイツリーの見学会参加

Dsc00103

Dsc00105
大林組が建築している東京スカイツリーの工事中の見学会に参加することができた 毎日行われているのか 見学者用の部屋で事前説明をプロジェクターで説明される その後ヘルメットとイヤホンを付けて現場にに行くが、工事の真っ最中の為規制が多い 外から写真を撮影するのは良いが、中では機密があるとの事で撮影禁止になっている、理由はアンテナを取付るゲイン塔と呼ばれる最上部(マスト?ポール?部分の事を言うようだ) それの組み立てが特許か何か機密のようだ。   タワーは平面で見ると三角形から丸に変化していくが、三角形の最下部の柱部分を中国の器 ”鼎(かなえ)”にちなんで 西鼎、東鼎、南鼎と現場では読んでいるそうだ それとタワーは外に反っているが、それが日本刀の反りを取り入れているそうだ それとタワーの中心に制振の為 法隆寺五重の塔の心柱のように構造はコンクリートでつくるそうだその工法を、スリップフォーム工法との名前で型枠を滑り上げながら連続してコンクリート打設して行くようです。 タワークレーンの吊り能力が32tで 柱パイプの径は最大で2.3m肉厚は10cmあり4mの長さで吊荷重制限をクリアしているようだった。 心柱、反り等日本の古代の美も取り入れているのは素晴らしいと思う 先人たちの美と知恵は今の我々により上なのかな・・・

« 今年12回目のゴルフ | トップページ | 歌手 Superfly »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリーの見学会参加:

« 今年12回目のゴルフ | トップページ | 歌手 Superfly »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ