« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

わかりやすさの勉強法 池上彰

Photo_4
以前に読んだ著者の”伝える力”とは違い 講談社から出された 1部”相手に伝わる話し方” 2部”解りやすく伝える技術” 3部がこの本で 完結編だそうだ 自分は1,2部は読んでいないので解りません、今本はプレゼンテーションの力を伸ばすや新聞の読み方 本の読み方 メモのとり方 解りやすい文章の書き方等が書かれている。以前読んだ伝える力を読んでいたので新鮮味はなかったのは残念だった このような啓発本は著者が同じだと参考にならないのかな・・・・


学校では教えてくれない日本史

Photo_3
この本は、飛鳥時代から明治時代までの偉人61人の俗説を書いた本です。陰謀・暗殺・正体・足跡・事件と5部構成になっています。陰謀編では織田信長を暗殺した明智光秀は豊臣秀吉か徳川家康の策謀か? 暗殺編では今話題の坂本竜馬が近江屋で殺されたのは、京都見回り組の新撰組と言われているが・・・・・  正体編では、西郷隆盛は写真を残さなかったのか・・・・・  足跡編では、坂の上の雲で有名な秋山真之が考案者とされているバルチック艦隊を壊滅させた 丁字戦法 海軍大学校の教官とか・・・・・  事件編では、江戸時代の明暦の大火は、区画整理をしたっかった松平信綱とか 嘘か真か噂かの話が載っています。


人を動かす「文章術」

Photo_2
新しい会社に勤めて必要になるのが、文章の作成と思い購入し勉強を勤務中多少時間があるので読んでみました。
まず最初に書かれているのが、仕事文として機能する為の6つの要素として
1. 書き手の主人公は誰か ・・・WHO
2. 読み手は誰か ・・・WHOM
3. 何を語っているのか ・・・WHAT
4. どんな方法(特徴)か ・・・HOW
5. それはいつか ・・・WHEN
6. どんな文脈があるか ・・・CONTEXT
上記を使いこなせば、あなたの文章は「人を動かす」!と書いてある
本の感想は、確かに要素は必要だと思うが、自分は書く人間が誰が読むのかを考えて書かなければ理解されない 技術者は、技術論を書いて報告などするが技術者同士の報告ならよいが、そうで無い場合は無駄な文章になり理解をされないので 伝わらない。 読む人の気持ちになって書くことが大切で文法など関係ないと 書いてあるのは確かと思う。やはり文書は回数も必要とも思った。 このブログは利己主義で書いています。


今年のゴルフを反省して


昨日6月26日に今年9回目のラウンドを行った。今年の今までの平均スコアは、97.1で昨年は15ラウンドで平均92.1だったので比べると大分悪くなってきている。今回ラウンドした皆川城CCは過去8年で11ラウンド平均ストロークは100.2と非常に相性の悪いコースなのだが、好きなコースの一つです。今回41-47の88で廻れたのは久しぶりに90の壁を破った感じがします。今年初めにビデオカメラをコースに持ち込んでスイングを撮影して 悪い部分の修正を行ってきたので多少しかた無いと思うが、直したスイングだと還暦の球筋で無いようなきがしたので修正中です。まだ完成はしないが、多少良くなってきているので今後が楽しみです。
http://www.minagawajo-cc.com/Photo


2010年6月20日 (日)

孫子の兵法

Photo_2
再就職の会社勤めを始める前に以前読んだ本と違う孫子の兵法の解説本を読んだ。人生の戦略を考えたく読んだ”孫子の兵法”は、前の会社に居る時にもっと真剣に読むべきだったか反省は多い。今回はビジネスn関して書いてあり今後の生き方にも参考にはなると思うが、やはりリーダーとしての心構えを唱えているので読むべきだったか? 中身は、それほど新鮮味はなかった、当然のことを書いてあるので その当然が出来ないのが人間だと思う やはり立ち戻り反省する為に読むべき本と思う。 本の通りの事は出来ないししても良いとは思わないので、柔軟に対応できる人間力を養う事の大切さが解るのかな 普通に物事をしているば良いしモラルを持って行動すれば、解る事と思うので 読んで何が参考になるとは書けないが良かった。

古代史の謎を巡る旅

Photo
平城遷都1300年と歴史の勉強で 飛鳥・大和・奈良時代の謎を書いた本を何冊か読んだが、考えかたと見方が違うので読んでみた。
邪馬台国の卑弥呼、聖徳太子、古代豪族、大化の改新、乙巳の変、壬申の乱、奈良仏教の謎など平安遷都するまでの出来事をわかりやすく広く解説している読みやすい本でした。中でも東大寺、薬師寺、唐招提寺、西大寺、興福寺、法隆寺等の寺に関する記事は他との考え違いや同じなど参考になった。歴史の勉強と雑学にはよかった。

母103歳の誕生日

6月20日は母の日のついでに出来た父の日?だった 6月の第3日曜日なので日にちは不定期と思います。
同じ6月20日は母の誕生日です。生まれは明治40年6月20日で広島に生まれたて誕生日で満103歳になりました戦後は横須賀に父と居を構え住んでいましたが、父が亡くなり今の春日部に一緒に住んで20年近くになります。
母は介護保険の要支援2で今まで一切施設に入所した事もない。2年位前にデイサービスの体験に連れて行ったら”幼稚で面白くないとその後は行っていない。料理も自分の好きな物を作っているし風呂・トイレも全然手助けは必要ない 確かに動きは遅くなったが、耳は問題ないし目は老眼はあるがテレビを楽しみにして見ているので問題ない 頭は今だ叱られる日があるのでこれも問題ない 布団を敷くのは2年前からベットにした。 103歳なので何時か訪れる死は近いと思うが、何の心配はない毎日だ 自分は母が43歳の子供なので還暦を迎えたが、この年まで母が元気でいるとは思っていなかった 後何年か解らないが別れは訪れるが、親子元気で暮らしていく自分は5年は働く予定でいます。自分も母のような長生きをしたいと思っています。

2010年6月19日 (土)

TOKYOウオーク2010

Tokyo1

2010年2回目の浅草・両国エリアのウオーキングが、6月19日土曜日に開催されたので参加しました。 コースはA,B,Cコースに分かれ 各コース共スタートとゴールは猿江恩賜公園でAコースはスカイツリー~上野公園~神田明神~両国を廻る 19.6km Bコースはスカイツリー~浅草~両国で 11.0km Cコースは両国等で7.1kmのコース設定になっている こんかい始めた参加する自分はBコースを選んで会費¥1000を支払い 現地を11時頃出発した 参加者が多いので自分のペースでは歩けないので疲れるのか多少休んでが14時過ぎにゴールした。歩数は2万歩でした。  コースは良いのですが、皆で歩かなくても良いのかなと感じた 少し涼しい季節になったら Aコースを挑戦しようと思うので いつか報告をいたします。

Tokyo


伝統建築見学

Photo
一昨年から友人と”伝統建築研究会”と名前を付けて観光を兼ねて建物と歴史の勉強を実施しています。今回で奈良、京都、奈良と続き 4回目になります。奈良時代の法隆寺を始めとし平安時代の平等院等美しい建物を見て語らって 定年後の楽しみになっています。 今回は時代が少し下がったいますが、比叡山、石山寺で 生憎の雨の為織田信長の安土桃山城の天守閣再現と近江商人の近江八幡内にあるカワラミュージアム等建築関連施設見学を1泊2日で楽しみましたので報告します。 写真はマイフォトにのせていますのでクリックを

2010年6月13日 (日)

6月の中間総括

今月1日に就職をしてから早くも2週間が経過しました。反省も含め総括すると 通勤日数は9日間で現場に直接行ったのが、3日で現場から帰ったのが、3日でした。そして 終業後に呑み屋へ行ったのが、6日 9日間で6日は多い歓迎会等飲む機会が多かった、飲み会は楽しい時間を過ごす事ができたし良き仲間の一員にいれて貰えたと思っている。休みの4日間はゴルフとハイキングで各一日で 本当に有意義時間を過ごした。 時間の経過するのが光のように速かった。 以前は遅く感じた時間が、速く感じるのは楽しい日々を過ごしているのだと思う今後も楽しい時間を過ごせると思うし努力もしなけらば、しかし 酒は控えるようにしなけらばな・・・・・ 今以上に精励して愉しい時間をすごします。

京極夏彦 死ねばいいのに

Photo
ipadを購入し電子書籍で日本の新刊を初めて出した、京極夏彦の”死ねばいいのに”をダウンロードして読んでみた。内容は、殺された女性の交友関係者6名を6章に分けている小説でした。私は初めて読む作家でした 電子書籍の感じを見たかったので小説内容は、全く頭に入らないし 今後も京極作品は読む予定はない。 電子書籍の青空文庫等と比べるとページはめくるのではなくスライドになり感じが違う。 不明な語彙をタッチしているとヤフーや大辞林等にリンクするが、この電子書籍は全くリンクしない。 それが便利と思ったのに残念だった。


2010年6月12日 (土)

東武健康ハイキング 権現堂

Photo
6月12日(土曜日)に東武健康ハイキングに、4月の足利 5月の鷺宮に続き南栗橋駅からの”権現堂あじさいハイキング”に参加しました。昨夜の酒が残る状態でしたが、10時半に東武伊勢崎線の南栗橋駅で受付を済ませ出発した。南の中川脇の高須賀池(写真)に向かう 約1時間程かかる 参加者が多く速くは歩けない。次に権現堂桜堤に向かう そこで大部分の人が昼食を木陰で食べていた。そこに今回目玉のあじさいが咲いているのだが、少し早いのか? アジサイは雨に濡れていたほうが、美しいと思うが好天で花がかわいそうな感じでした。昼食後残りの行程が1/3程度は、行幸湖のほとりの遊歩道を歩いて出発地の南栗橋駅へ 到着は13時10分で総時間2時間40分 歩行数は1万4千歩になっていました。


2010年6月 9日 (水)

池上 彰 ”伝える力”

Photo
ブログやメールの文章を、書いて見直すと何か言葉が通じないと思っていました。本屋で池上彰氏のこの本の表紙で「話す」「書く」「聞く」の表題が気になり購入し読みました。
まず最初に「日銀が何をしているかご存知ですか?」の質問で 一般的な銀行の銀行とか紙幣の発行等一般的な回答を思い浮かべた 次に”小学生に説明”と問われて”銀行の銀行とか紙幣の発行”とか小学生では理解できないと言われている。確かにそうだと思う 本当に物事を理解していないと説明は出来ない その通りで物事をしっかり知ることが大事。
解りやすく伝えるでは、漢語表示や四字熟語の使い方は、相手の年齢等を考えて使う。難し言葉を簡単に、相手の立場になって書く事も教えている 確かに自分勝手に書いている場合が多いと感じた。文章作成で使わないのは、「そして」「それから」の接続詞 他には「が」と言う順接 「ところで」「さて」「いずれにしても」は、その直前までに書いていたことの論理に関係なく話を無理にまとめる行為で、それまでの論理の流れを否定しかねない。 そのほか参考になる事が、多数書いてありました。 
再就職でビジネス文書の作成も多くなるので色々気をつけて文章の作成をしよと思う。やはり一番大事なのは聞いてくれる相手の立場に立って話したり書かなければならない。そして文章の反省もしなければと思う 今書いてる文章も可笑しい。

2010年6月 5日 (土)

ゴルフの出来

先月購入したアイアンの初打ちに千葉県のかずさCCに行きました。全体にそれほど悪くは無いのですが、スコアは纏まらない 新しいアイアンはボールが上がるので打ちやすいと思った。ショートホールは3ホールワンオンと非常に良かったが、今度はドライバーの方向性が悪いし右左に曲がる。 最近ドライバーは調子良かったのに、スイングを少し変えているが(気持ちで人は変わったのは解らない)OBが3発だフェアーウエイキープ率は14ホール中3ホール程度では纏まらないのかも スコアがまとまらないのは、やはりアプローチだと思う。 練習はドライバーとアプローチを徹底しようかな・・・・・・ 今年の平均ストロークは、97.1 パットは36.1です。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ