« 平城遷都1300年祭り | トップページ | 半落ち 横山秀夫 »

2010年5月14日 (金)

薬師寺、唐招提寺

Photo_2
平城遷都1300年祭会場から大和西大寺に行き近鉄で西の京へ それから徒歩10分以内に唐招提寺と薬師寺を見る事が出来る まず駅のコインロッカーに荷物を預け唐招提寺へ昨年9月に訪れた時は金堂の復元披露が終わっていなかった為みれなかった 鑑真和上による寺で 金堂内には 廬舎那仏と薬師如来と千手観音は奈良時代につくられ乾式漆法でつくられた 興福寺の阿修羅像と同じ工法だが大きさは横は5倍以上漆の量は100倍は超える大きさで やさしいお顔をしていました 先手観音は素晴らしいし作るには気が遠くなるようだ 金堂は屋根加重に耐えられず柱が倒れた為 解体復元をした TBSで放送された  その後歩いて 薬師寺へこちらも学生が多く修学旅行生と思われる生徒が僧侶の説法を聞いていた 本当に話が上手だ その中で 勉強でも何でもできないのはそのものを好きになれないからできない まず好きになる事からと話していたその通りだと思う 東塔は来年には解体修理復元工事を行う 木を見るとかなり割れが出て虫食いのような穴も多く見られたそう長くは持たない 解体すると又 新事実が歴史的な事が出てくるのかな 法隆寺と違い不思議な事は多くないので奈良時代の事が判明するかな 写経の話を金堂で僧侶が説法をしていた 30年位前の高田好胤元館長と松下幸之助の会話で有名な松下氏が高田館長に今後の日本はどうなるのかと尋ねたら”技術で進み 心で滅びる”とお話をしたそうだ 資本原理主義の様な金儲けではなく心が躍る事に興味を持たないと日本は駄目になってしまう。

« 平城遷都1300年祭り | トップページ | 半落ち 横山秀夫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師寺、唐招提寺:

« 平城遷都1300年祭り | トップページ | 半落ち 横山秀夫 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ