« 春日部の藤 | トップページ | 脳トレ グッズ »

2010年5月 9日 (日)

イスラム世界の「大疑問」池上彰

Photo
最近テレビで元NHKの池上彰氏の解説番組が多く視聴して勉強をしていた 彼の本も多く出版されている 本屋で多くある彼の本のなかで イスラム世界の題名が飛び込んできた テレビでドバイのレポート等もしていたがこのような本も出すとは博学を改めて知った 日本の古代史を見ても神道や仏教等 宗教問題が大事件を起こしている 中近東の戦争も同じ宗教戦争とは思っていたが、遠い国のイスラム教の世界と関心を持てなかった
ユダヤ教のユダヤ人である救世主と謳われたキリストの教えのキリスト教それからまた預言者ムハンマドによるイスラム教 3つの宗教は一神教で神を崇拝 ユダヤ教はヘブライ語での神”エホバ” イスラム教はアラビア語での神”アッラー”でキリストの神はユダヤ教と同じ 日本は八百万の神で多神教の国 イスラム教の生立ちやイスラム原理主義やスンニ派とシーア派との違い等 本当に解りやくす解説をしている イスラエルとパレスチナ問題は宗教問題か歴史の問題か仏教とは考え方が違う 仏教ではあのような問題は起きないと思う。 仏教の悟りを開くの意は輪廻サイクルから抜け出す(解脱)事とは 人は四苦(生老病死)で 生きる苦しみ、老いていく苦しみ、病気になる苦しみ、死ぬ苦しみが 輪廻(死んでも何かに生まれ変わる)から抜け出ないと無くならない これを無くすには解脱とのこと これが出来ないのが人間の欲望   四苦八苦の四苦は前文で残りの四苦は、愛する者と死別する苦しみ、恨み憎しむ人との出会ってしまう苦しみ、欲しいものが得られない苦しみ、心や体の不安からくる苦しみ だそうだ 自分は当然悟りは開けない 凡庸な人間なので少しは努力をしていこう。 


« 春日部の藤 | トップページ | 脳トレ グッズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム世界の「大疑問」池上彰:

« 春日部の藤 | トップページ | 脳トレ グッズ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ