« ブログの引っ越し | トップページ | フレッツ光導入 »

2010年1月 9日 (土)

歌舞伎座の一幕見席

東銀座の歌舞伎座が2010年4月以降に解体されるので、建物内の見学と歌舞伎初体験で 一幕だけ見る席があったので友人と鑑賞する 演目は”勧進帳”を団十郎ほかが演じていた 有名な演目で安宅の関で 弁慶・義経一行が安宅の関での富樫が検問する場面だ 筋ガキはメジャーなので解ったが、歌舞伎のスピードと掛け声の間合いを初体験した 掛け声はプロがやっているのかよく知っている人達だ 一幕見席は最上階(5階?)の一番後ろで天井面が頭に付きそうな席だった 入場1時間前から並んだので なんとか座れたが大部分の人は立ち見になっている 火災が起きたら煙に巻かれ最初に死ぬ場所だし椅子も狭く隣の人と肩が触れ合う狭さだ 安全面を見ても建て替えが妥当だ 歌舞伎を少し触れたことがよかった でも平日の昼間でも観客は満員状態だった。2010/1/8

« ブログの引っ越し | トップページ | フレッツ光導入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座の一幕見席:

« ブログの引っ越し | トップページ | フレッツ光導入 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ