近江八幡の町が発展する為に、豊臣秀次は八幡堀を運河として利用することを考え琵琶湖を往来する船を全て八幡の町へ寄港させた。